株式会社大亀工務店

title_shokunin

伝統的な技術で木の温もりをお届けします

時間と共に味わいが深くなる無垢材。熟練した大工の技術が豊富な種類の木を活かし、現代に調和するデザインに仕上げます。

熟練した技法により無垢材から造られる居住空間には、集成材では得ることができない木の香りが漂います。年月を経ても木は内側から香りを出しますので、長期間にわたり心と体を癒してくれる、そんな木の温もりをお届けしたいのです。

image_shokunin01

職人集団

伝統的な家づくりは、大工の棟梁によって統率された職人集団が行なってきました。それは鳶、瓦、左官、建具、畳、および石工の職人たちです。これらの技術集団がそろえば、あらゆる要望に応じることができたのです。分野は違いますが寝食を忘れ切磋琢磨することで互いを高めあい技術を向上させてきました。

時を超えて伝承された職人技は、今日に於いても受け継がれてきました。職種にはさらに専門分野が加わり、土木、木工、水道、電気、設備、内装、等々数多くの専門職へ広がりました。昔ながらの鳶職、左官、建具も現在に受け継がれています。

現代の家づくりは、これら職人達の指揮者として大工工事業者/建設工事業者が、作曲家として建築設計者が活躍します。受け継がれてきた職人技は総合的な建築業というオーケストラとして互いの音色を奏でながら家という作品を創り出しています。

徹底した品質管理

瓦勾配のチェック

私たち大亀工務店は職人達の技量を見極め、設計図面と照らし合わせ、お客さまのご意向に沿った建物ができているかを管理するのも大切な仕事です。

その為には職人の技量も見定めるだけの知識と経験が現場監督者にも求められます。大工初め各職人達と共に建物の完成を目指す各分野のプロ技術者集団をまとめあげる力をもった監督者として、大亀工務店には総勢9名の建築士、施工管理技士が在籍しております。

    

大亀工務店の仕事

  • 職人技
  • 建築材料
  • コミュニケーション